開催報告
開催日: 2019年7月15日(月)

第45回海洋教室「水中グライダーを作ろう!」

「ただ今の記録、2.0m!」「やったー!」海の日の7/15(月)、GODACでは、子供たち、そしてその保護者の方々が作成した水中グライダーの到達距離が次々と読み上げられていました。

今回のGODAC海洋教室では、海洋観測機器のひとつ「水中グライダー」について学ぶとともに、ペットボトルを用いてより遠くへ進む水中グライダーを作成するという新企画を提供しました。

事前予約制のイベントでしたが、申し込み開始からあっという間に定員いっぱいとなる人気のイベントでした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

第45回海洋教室「水中グライダーを作ろう!」の様子
水中グライダーの仕組みや、工作の手順などのガイダンスのお話を聞いたあとは、いよいよ工作開始!翼の形、取り付ける位置、角度などを工夫して自分だけのオリジナルの水中グライダーを作り上げていきます。
第45回海洋教室「水中グライダーを作ろう!」の様子
決められたサイズに収まっているのかチェックし、翼の位置や角度を何度も微調整しながら作っていきます。
第45回海洋教室「水中グライダーを作ろう!」の様子
"Team KUROSHIO"のメンバー麻生さんも特別アドバイザーとして駆けつけてくれました。"Team KUROSHIO"は、海底地形図を作成する国際コンペティション"Shell Ocean Discovery XPRIZE"にて32チーム中、見事準優勝という成績を残した日本発の海底探査チームです。第一線で活躍する海洋工学のスペシャリストと直接お話しできるチャンス。未来の海のスペシャリストから飛び出す素朴な疑問にも、麻生さんは丁寧に答えてくれました。
第45回海洋教室「水中グライダーを作ろう!」の様子
最後は距離の測定です。皆さんが工夫を凝らしたグライダーの進む距離をプールで計測します。今日の最高記録は2.5mでした。
今回の海洋教室は、新企画「GODAC水中グライダーコンペティション2019」の予選として開催しました。10月にも予選を行い、それぞれの予選の上位10名は、11月のGODAC施設一般公開にて開催される優勝決定戦に招待されます。栄えある、初代王者の称号を手にするのは誰でしょうか?

今回惜しくも入賞できなかった方、また、初めての方も次の予選へのご参加をお待ちしています。
トップページへ