TOP  > イベントのお知らせ  >  > 開催報告
開催報告
開催日: 2019年2月9日(土)

第68回GODACセミナー
「海にひそむプラスチックごみとその影響」

第68回目となる今回は「海にひそむプラスチックごみとその影響」と題し、
沖縄県立図書館で開催しました。(共催:沖縄県立図書館、GODAC)
当日は、68名の方に聴講いただき、親子でご参加いただいた方も多くいらっしゃいました。

第68回GODACセミナーの様子
講師は、JAMSTEC海洋生物多様性研究分野の土屋正史技術研究員です。
セミナーでは、JAMSTECが保有する潜水調査船などで撮影された、深海に沈む“ごみ(デブリ)”の映像や写真を交えながら、国内外で行われているプラスチックごみの研究例と、JAMSTECの取り組みについて紹介しました。
第68回GODACセミナーの様子
プラスチックの膨大な生産量や流出量は、参加者の想像をはるかに超えていたようです。さらに、その大半が一度きりで捨てられる「使い捨て」であることに、多くの参加者が衝撃を受けた様子が伺えました。
第68回GODACセミナーの様子
次にご紹介したのは、沖縄周辺の海底や世界最深部マリアナ海溝の深海底に沈むペットボトルやレジ袋の映像です。参加者のみなさんは、人々が排出したごみが深く海の底にまで影響を与える事実を目の当たりし、改めてその影響の大きさを実感したのではないでしょうか。
第68回GODACセミナーの様子
最後に「プラスチックごみを減らすためにわたしたちにできること」について、参加者自身が考えた取り組みを記入して頂きました。
「3Rや4R活動を実践したい!」「マイボトルを使う」「ポイ捨てをしない」「分別をする」「便利さを少しだけやめる」「ビーチクリーン活動に参加する」「レジ袋を使用しない」など、多くの意見が挙がり、セミナーへ参加したことで、1人ひとりの意識の変化が伺えました。
みなさんからのアイディアは、GODACにて展示を行い、今後も引き続き、多くのアイディアを募って発信していく予定です。

今回のセミナーを通して、世界中の問題である海洋ごみの現状を知る事ができたのではないかと思います。聴講いただいたみなさん一人ひとりがインフルエンサーとして、今回のセミナーで学んだ事を発信することで、さらに多くの方がプラスチックごみ問題について考えるきっかけとなる事を期待しています。
今年度最後となるGODACセミナーへのご参加ありがとうございました。

次年度も、皆さまが関心のある内容を取り上げ、GODACセミナーを開催いたします。
詳細はホームページでお知らせしますので、楽しみにお待ちください!
トップページへ