開催報告
開催日: 2018年1月10日(水)

第63回GODACセミナー
人工知能で気象ビッグデータを理解する

 2018年1月10日(水)、沖縄工業高等専門学校との共催で、第63回GODACセミナー
「人工知能で気象ビッグデータを理解する」を開催しました。学生と一般の方を合わせ、91名の方にご参加いただきました。

第63回GODACセミナーの様子
講師は、JAMSTEC地球情報基盤センター 先端情報研究開発部情報・計算デザイン研究開発グループの松岡大祐技術研究員で、講演ではAI(人工知能)研究の歴史や、台風の発生を気象ビッグデータやAIを用いて予測する方法などについて紹介されました。また、工業高等専門学校を卒業の松岡氏から研究者となったいきさつの話が出るなど、学生にとってさまざまな学びのある内容となりました。
第63回GODACセミナーの様子
講演後の質疑応答の時間には、学生や一般の方から台風の予測方法に関する質問が多くあり、最新の気象予測研究への関心の高さが伺えました。特に学生からは、「次の時代にAIのように流行するものは何だと思いますか?」、「プログラミングは自分で構築しましたか?」といった関連分野を学ぶ学生ならではの質問が上がっていました。学校を卒業後、研究者の道を歩む先輩の話を聞くことで、未来の自分を重ね、将来のことを考える良い機会を得たのではないでしょうか。
これからもGODACセミナーでは、海や地球環境に関するテーマのほか、キャリア教育の観点に踏み込んだ内容など様々なテーマで開催します。
次回は、海洋観測をテーマとした体験型セミナーを3月に予定しています。是非ご参加ください!
トップページへ