開催報告
開催日: 2017年10月17日(火)

第62回GODACセミナー
「南西諸島におけるスロー地震現象」-実態解明に向けた最新の調査観測研究‐

 2017年10月17日(火)に、沖縄県立図書館との共催で、第62回GODACセミナー「南西諸島におけるスロー地震現象」を開催しました。今回のセミナーは、52名の方にご来場いただきました。

第62回GODACセミナーの様子
講演では、JAMSTEC地震津波海域観測研究開発センターの高橋努主任研究員が講師となり、JAMSTECによる最新の地震観測と研究の現状、その中でも特に、南西諸島周辺の海底下で発生する「スロー地震」について詳しく解説していただきました。
「スロー地震」は、巨大地震発生との関連が示唆される地震現象で、沖縄周辺でも数多く観測されていることが、参加者に驚きを与えているようでした。
第62回GODACセミナーの様子
講演後の質疑応答の時間には、聴講者から「沖縄で発生する大地震の周期を予測できないか?」「沖縄ではスロー地震が起こることで、大地震を発生させる原因となる「歪み」を逃がしているのでは?」といった関心の高さを示す多くの質問があり、沖縄でも地震というキーワードが注目を多く集めていることが伺えました。
 また、聴講者からは「JAMSTECの今後の研究や調査に期待している」といったお声もいただきました。このようなご期待にお応えするために、今後もGODACは最新の研究成果や確かな情報をお伝えするGODACセミナーを開催してまいります。
トップページへ